資産額と投資スタイルの変遷について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は私の今までの取引スタイルや、その時々の成功・失敗体験、資産額の推移などをお伝えできればと思います。

先日、Twitterでこんな要望を頂きました。

少しでもお役に立てるならと思い今回記事にすることにしました。ただし、昔の資産額やポートフォリオなどを細かく記録をしている訳ではないので全て詳細に記載できないことを予めご了承ください。特に資産額は曖昧な記憶を頼りに書いています。

その時々において下記3つについて振り返る予定です。
・大凡の資産額
・運用方針
・大きな成功と失敗

2012年4月~2015年3月

そもそもの投資を始めるきっかけは2012年2月あたりにありました。ひょんなきっかけで元トレーダーの方と出会いました。当時学生だった私にとっては「投資で稼ぐ」ということがとてもカッコよく見えました。自分も投資で稼げるようになったら女の子にモテるんじゃないかとか、そんな理由で投資をスタートしました。そして元トレーダーを師匠と仰ぎ教えを乞うことにしました。

投資スタイル

当時の投資スタイルは主に日本株のスイングトレードです。前述の師匠にどの銘柄が買い時で売り時なのかをずっと教わっていました。師匠はストキャスティクスやMACDなどを駆使して投資判断をしていたらしいのですが、私にはさっぱり分かりませんでした笑

この時はとにかく師匠に教えてもらった通りに売買を繰り返していました。師匠から教わったことで特に覚えていることは下記の4つです。

  1. 取引は機械的に行え。感情は持ち込むな。
  2. 欲張るな。頭と尻尾はくれてやれ。
  3. 利益が出ても目標金額に到達するまでは浪費をするな。
  4. 資金が少ないうちは集中投資をしろ。最大3銘柄までに抑えろ。

4は資産が1億円に到達するまで守っていました。1~3は今でも守り続けています。

資産額推移

資産額推移2012~2015年

520万円ほどを元手に始めたのですが、2015年の就職前には2,000万円弱まで増えていました。2014年に少し減らしているのは、師匠の教えを破りデイトレをしてしまいました。何の知識もないのにデイトレに手を出した結果、大きく損失を出しまして師匠に凄く怒られたことを覚えています。

時代背景

実は私は非常に幸運でした。
前述の師匠から常に良い銘柄を教えてもらえたことに加えて、投資を開始して少しすると安倍さんが首相になりました。日銀総裁も黒田さんに交代し「異次元の金融緩和」が開始されました。放っておいても株価が上がる市場において、師匠のアドバイスが重なり資金を大きく増やすことができました。この頃はよほど変な銘柄を買わない限り、皆が儲かったのじゃないでしょうか。

2015年4月~2017年12月

投資スタイル

私は急成長中のベンチャー企業に就職した事もあり日中はかなり多忙でした。そのため数日単位での株の取引はできず、スイングトレードを継続させることはできませんでした。
そこで私は数日単位での売買から数ヶ月単位での売買に変更しました。この時、初めて自分で調べて自分で売買の意思決定をするようになります。

投資対象はtoC事業を展開している企業。理由は流行れば株価の上がり幅も大きいため、大きな利益を出すことができるからです。とは言えギャンブルはしたくないので事業が伸びているかは確認しながら投資を行っていました。

その結果が下記の通りです。

資産額推移

2015-2018

当時はtoC事業で自分が知っている企業、かつ成長している株を良く買っていた覚えがあります。ニトリやココカラファイン、スタートトゥデイ(現ZOZO)とかですね。その中でも特に大きな利益を生んだのはペッパーフードサービスとRIZAP、及びRIZAPのグループ企業群でした。

当時ペッパーフードサービスが展開する「いきなりステーキ」の人気が凄まじく、次々に新規店舗を開店、そしてどの店も満席という状態が続いていました。結果、株価は10ヶ月で15倍まで上がりました。
また、RIZAPは印象的なCMと「結果にコミット」というキャッチフレーズ、そして積極的なM&Aによる拡大路線がウケて、株価は7ヶ月で約7倍という成長をしていました。

私は師匠の教えである「頭と尻尾はくれてやれ」を忠実に守っていたので、両方最大値の利益はとれませんでしたが、それぞれ3~4倍程度の利益を出すことができました。その結果、資産は大台の1億円を突破、2億円弱まで急増しました。

このフェーズで大事なこと

資産が1億円以下の時に証券口座から数十万円~数百万円単位でお金を引き出して使ってしまえば、資産形成のペースが非常に悪くなってしまいます。そのため証券口座からの引き出しは厳禁です。

私も毎月の生活は給料と賞与でやりくりしていました。師匠から「目標金額に到達するまでは浪費をするな」とキツく言われていたためです。

お金は浪費を始めると際限なく使えてしまいます。資産が1億円を突破した時に流石に嬉しくて豪遊を続けた結果、1ヶ月で800万円くらい使ってしまいました。使い始めると一瞬でお金がなくなります。

余談ですが今でも自分の中で下記のルールを設けて徹底しています。

  1. 毎月の給料で生活をする
  2. 毎月の給料の10%を投資にまわす
  3. 寄付や人助けを目的とする場合のみ投資利益を使用してOK

失敗

バイオ銘柄とゲーム銘柄に手を出したことです。当時は確かソレイジアなどのバイオ銘柄やソシャゲ銘柄がこぞって株価高騰しており私も欲が出て飛びついて大火傷しました。この2つのセクターは素人が業績を読むことは猛烈に難しいです。
そして、新薬の臨床開発や、新規ゲームの開発に関するニュースリリースが出るだけで株価が大きく上下します。当然、そんなインサイド情報は知ることができないので、素人が手を出してもただのギャンブルでしかないです。

2018年1月~現在

投資スタイル

2018年頃から投資スタイルを大きく変更しました。
大きな目的は「安定して収益を出すこと」です。

▼2018年まで

  1. 集中投資
    ~5000万 :最大2名柄
    5000~2億:最大5銘柄
  2. 日本株に投資
  3. toC事業の企業へ投資
  4. 長くても数ヶ月単位の投資

▼2018年以降

  1. 分散投資(5銘柄以上、ETFにも投資)
  2. 日本企業と米国企業に投資
  3. toB事業の企業へ投資
  4. 数年単位で持ち続けたい銘柄へ投資

変更理由は以下の通りです。

1.集中投資→分散投資
ひとつの銘柄に5000万円以上の投資するのはストレスが大きいです。そのストレスに耐えられないので5銘柄以上に分散投資をして、全体で利益を上げることを目指しました。

2.日本企業への投資→日本企業と米国企業に投資
ずっと米国株には興味がありました。理由は米国株の方が成長しているからです。しかし、仕事が多忙で米国企業までリサーチする時間がとれなかったです。英語が苦手な私にとっては米国企業を調べるのは、日本企業を調べる以上に時間とストレスがかかります。

しかし、2018年頃には会社も大きくなり以前ほどのハードワークではなくなりました。その結果、時間にゆとりができて米国企業も投資対象に加えられるようになりました。

3.toC→toB
一般的にtoC事業を運営している企業の方がボラが大きいです。なぜなら一般消費者は気まぐれなので、商品やサービスの流行り廃りのサイクルが早く、一度流行ると急激に株価が上がりますが、廃り始めると一瞬で株価が下がります。そしてここで最も重要なことですが、その流行り廃りは読めないです。

タピオカが流行ることを予測できた人はいますか?

私には予測できない(=リスクが高い)ので、そういった事業への投資は控えるようにしました。例外的にAmazonなど生活のインフラとなっている事業であればOKです。四半期で利用者が急減するなんてことは起こりませんので。
一方でtoB事業は、急激な変化は起こりづらいですし予測もしやすいです。最近流行っているSaaSサービスなんかは特にその傾向が顕著です。こういった銘柄への投資を増やしました。

4.数ヶ月単位の投資→数年単位の投資
上述の通りtoB事業は急激な変化は起こりづらいです。なので投資時点で好調なサービスは数年程度は好調を維持することが多いです。そうすると下手に売買を繰り返すよりも持ち続けた方が勝率も利益も大きくなると判断しています。(一応、投資する時点で「この事業は向こう数年伸びるか」という観点でもチェックしています)

その結果は下記の通りです。

資産額推移

2018-2020

上記は2020.06.30までの資産額推移です。先週にNASDAQが大きく下げたので今は5億ジャストくらいです。
2018~2019年末くらいまでに注目してみると、これまでと比較して資産の増え方が緩やかじゃないですか?これは投資スタイルを変更したお陰かなーと思います。

2020年以降は、テスラを平均400$弱で1,000株買って、最近1,000$で利確したり、コロナの影響で保有銘柄の株価が急騰したため資産が大きく増えました。
(toCはボラが大きいから買い控えているとか言いながらテスラは買っちゃっていました笑 ESG投資が活発になり始めたのと売上の伸び方も好調だったため例外的に。)

心境

心境についても教えて欲しいと言われていましたので最後に少し触れます。基本的に特に大きな変化はないです。1億を超えたあたりで一瞬調子に乗ったことと、その後は少し慎重になった程度です。

仕事が好きなので早期リタイアしたいとかも無いです。
強いて言うと、少しでも多くの方に金融リテラシーや投資ノウハウを伝えたいという欲は出てきました。私は師匠がいたから投資を始めましたし、師匠がいたから開始直後に利益を出すことができました。

同じように、これから投資を始めようとする人たちに、私が資産を増やした方法や、役に立った金融リテラシーを皆さんに伝えることで、もっと自由に生きられる人が増えればいいなと思っています。それが師匠への恩返しでもあると思うので。師匠のレベルには及ばないので私の出来る限りで….。

最後に

私の投資知識は恐らく中の下とか、中の中程度のものだと思います。
正直、チャートを見て取引して利益を出すことは出来ないですし、難しい投資用語を全て理解している訳でもないです。

ただ、どういう事業が伸びるか見極めることは得意です。なのでその得意なことを活かして利益をあげてきました。(ここまでお読み頂いた方は私が「成長企業に投資しただけ」であることに気付かれているかと思います】

人それぞれ得意分野があると思います。コツコツと継続することが得意な方は積立投資が良いかもしれませんし、チャートを読むことが得意な方はデイトレやスイングトレードが良いかもしれません。そこに優劣をつける必要はないのです。自分の得意分野で勝負することが大事です。
そしてその分野で成果をあげている人の真似をしまくることです。守破離の守から始めることは凄く大事です。真似を繰り返していると得意分野の中でも人の良い部分を盗んだ形で勝負できるようになるので凄く勝てるようになります。

少しでも皆さんのヒントになることがあれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。