【米国株】SaaS・グロース銘柄 Vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Kosukeです。
先週から米国株が暴落を繰り返していますが皆様ご無事でしょうか。

米国グロース銘柄の株価上昇の勢いが止まらない!ということで、8月23日に14銘柄を比較する記事を書きました。

【米国株】SaaS・グロース銘柄の比較

この頃とは真逆で株価下落の勢いが止まらない状態が続いてしまっています。
ちなみにこのブログを書いているのは日本時間9月9日午前3時丁度ですが、NASDAQは-265.59(-2.35%)と大きく下落しています。

そこで今日は前回の14銘柄に5名柄増やした19名柄の時価総額や直近の決算結果、PSRなどをチェックできればと思います。

時価総額・四半期売上・PSR

3点一気にご覧ください!

各社決算の結果は良く、売上が上がっている中で、株価が落ちた結果、8月下旬と比較すると流石にだいぶ落ち着いた数字になっています。

レイバーデイをきっかけに雰囲気が変わったのか、先日報道されたSBGの売り抜けをきっかけに雰囲気が変わったのか。これほどに様子が変わった原因は定かではありませんが、コロナの状況が悪化したり、何か猛烈にネガティブな情報や経済指標が出た訳ではないです。

つまり8月下旬と現在で変わったことは無いです。

元々、私は集中投資で中長期のトレードをする予定でしたので、村上さんの「シナリオが変わらない限り売らない」を徹底しつつ、機械的なトレードを繰り返すのみです。

こういった混迷期こそ基本を忠実に。

銘柄の紹介

今回新しく5銘柄が加わりましたので、そちらの一部銘柄について簡単に紹介します。

【TWLO】Twilio

トゥイリオは音声通話やSMS、チャット、ビデオといったコミュニケーションツールをアプリ等に組み込めるクラウドAPIサービスを提供している企業です。課金方法は従量課金で、初期費用や月額基本料が発生しないためスタートアップ企業や中小事業者に好まれているようです。

・売上高成長率
 YoYで45.7%増加しています。四半期毎に成長は鈍化傾向。

・顧客
 20万以上のアクティブなアカウントを保有。顧客の73%が米国企業。
 売上トップ10社が全体の売上の15%を構成。

【ESTC】Elastic

エラスティックはElasticSearchという検索用のソフトウェアを提供している企業です。オープンソースとして配布したソフトウェアを使えば、誰でも高速な検索エンジンが構築できるようなるというのが売りです。その他にも分析やセキュリティに関するソフトウェアも提供しています。

・売上高成長率
 YoYで43.7%増加しています。
 特にSaaS収益に関しては$32.6MとYoY85.6%増という高い成長率を誇ります。

・顧客
 ACVが10万ドルを超える顧客数は630人以上。

今後の見通し

今後、株価はどうなるのか。

頻繁にこの質問をいただきます。私の答えはいつも「分からない」です。
株価があがるかどうか分かれば私はベゾスの資産額を超えちゃっています。笑

今日は米国市場が開いてから1時間ほどTwitterを眺めていました。投資家のセンチメンタルは非常に悪化しているという印象を受けました。こういう時の株価は軟調な動きを続けることが多いです。ほんの少しのストレスで皆売ってしまうので。

ただし、上述した通り8月下旬と現在は何も変わっていないです。
つまり投資家のセンチメンタルが改善されれば再び株価が戻るのではないかと考えています。また、事業が成長して売上が増えて、利益が増えて、今後の継続的な成長も期待できれば、基本的には連動して株価も上昇します。難しいことを考えても分からないので、上記の原則に立ち返って良い銘柄を探して投資をし続ける予定です。

ちなみに9月10日(金)にECBの政策金利発表を控えています。
流石に利上げは無いと見ていますが、万が一利上げがあれば相当大きなネガティブサプライズとなります。こちらの方がよほど重要なイベントですので要チェックです!


以上です。

もし参考になれば、いつも通り有料note(¥100)を
作成しましたので投げ銭的にご購入いただけますと幸いです。

https://note.com/kosu2020/n/ndba78cdaff60

購入いただいた方はリプ欄やDMにてお知らせいただけますと幸いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。