投資家たちが有料noteを販売する3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TLを眺めていたら有料note販売の是非について意見を述べられている方が数名いらっしゃいました。私も有料noteを販売する身として自分の意見を明確に述べておこうかと思います。

まず私は8月9日から有料noteの販売を開始しました。
一般的な販売方法と異なるのは投げ銭的な形で販売している点です。

まずこちらのブログにて記事は無料公開しています。そのブログ記事の内容をコピペして有料noteとして販売を行っております。つまり基本的には無料で情報発信をしており、その内容が役に立ったという方に課金を頂いているという形です。この理由については後ほど述べます。

販売方法が少し異なるものの、同じ有料note販売者として、他の販売者たちがなぜ有料noteを販売するのかを3つ観点から、最後に私がなぜ有料noteを販売するのかを書いてみたいと思います。※あくまでも私の主観です。

実利の観点

なぜ投資で儲かっているのに有料noteを販売するの?

多くの方が真っ先に頭に浮かぶのはこの疑問ではないでしょうか。
しかし、投資家であれば絶対に有料販売したいと考えるはずです。いや、投資家だからこそ有料販売したいと思うはずです。

例えば有料noteで月5万円の収益があるとします。年間60万円ですね。そのお金を全額投資に回したとすればどうなるでしょうか。今回は年間リターンの平均が5%、10%、15%の3パターンでシミュレーションをしてみました。

今年から開始した場合2050年には以下の資産に膨れ上がります。

平均リターン5% :44,579,298円
平均リターン10%:120,082,660円
平均リターン15%:345,660,274円

投資家として稼いでいる人にとっても大きな金額です。
例えば有料noteで稼いだ金額を全額S&P500に投資すれば30年で1億円弱の金額が残るでしょう。その安心感があれば、今持っている資産を全額個別銘柄に投資しても精神的なストレスは段違いでしょう。

毎月5万円でこの金額なので、毎月10万、20万など稼げるようになればこの比ではないです。

書き手の精神的な観点

ブログを書く、noteを書く、YouTubeで動画配信をする。
様々なアウトプットの方法がありますが、いずれの方法もかなりの時間を要します。

私の場合は、1本のブログを書くにあたって行っていることはざっとこんな感じです。

・ブログテーマを決める
・構成を考える
・文章を考える
・必要に応じてグラフなどを作成する
・フリー素材を探す
・不足情報や不足知識を補うために勉強する、調べる
・誤字や表現方法、文章展開などについて校正する 

記事の内容によって必要な時間は変わりますが、4,000字程度のブログを書くのにだいたい2〜3時間程度かかっていることが多いです。ブログを書くことに慣れている方や、ブログのフォーマットが決まっている方だと、もう少し短い時間で書かれているかもしれません。ただ、いずれにしても結構時間がかかっています。

また、この時間で書けるのは、当然その領域において一定の前提知識を持ち合わせているためです。その知識を得るためには更に多くの時間がかかっています

これらの膨大な時間をかけて無料発信するというのは、

・何か金銭以外の目的がある方
・別の形で金銭収入を得る方(有名になってセミナー登壇など)
・今世で徳を積みたい方
・既に悟りを開いた方
・ブログを書くことが趣味の方 

など結構限定されるんじゃないかなーと思います。
ちなみに私は1番上の金銭以外の目的があって無料発信しています。下記tweetでも少し触れています。

https://twitter.com/Kosukeitou/status/1299837074036551680?s=20


あと嫌われちゃうかもしれませんが個人的に思うことを1つ言います。

良質な情報を有料で発信している人を批判するのはおかしいです。

価値がある情報を無料で得られることの方が珍しいです。得られたらラッキーだと思います。上述した通り、情報を発信するにも多くの時間や実費などのコストがかかっています。その人たちに対して有料で販売するなんてけしからんというのは違和感を覚えます。

ただ、明らかに情報の価値と金額が見合っていない場合は、購入者に限っては批判をしても良いかと思います。「価格と情報の質が見合っていないぞ!」とレビューしてあげてください。その人も値付けがおかしかったんだ、情報の質をあげるか値段を下げなければいけないと気付きます。

個人的に唯一、見ていて気持ちがいいものではないなーと思うのは、投資初心者向けに高額のnote販売をしたり、高額のアフィリ収入を得るために手数料の高いロボアドバイザーやサービスを紹介している方ですかね。それ以外は価格に見合う値段設定であれば良いんじゃないの?というスタンスです。

執筆者も一人の人間で時間をかけて書いているはずなので、価値があると思えば気持ちよく払ってあげましょう。そうじゃないと精神的に続けるのは難しいです。

読者選定の観点

以前、とある有名な方が「有料note購入者は質問の質が高い」といった趣旨の話をされていたかと思います。これ実はセミナーでも塾でも、無料よりも有料、有料の中でもより高い金額のものほど同じ現象が起こる可能性が高いと思っています。

理由は読者や受講者側の学ぶスタンスが変わるからだと思います。

無料で読めるものって流し読みしてもいいやって気持ちになりませんか?
もしくは、そもそも何の目的でこの記事を読むのか自分でも理解できていない時がないですか?

実は私も無料記事を読む時は結構上記のようなスタンスの時が多いです。
逆に有料の記事を購入する時はどんな時でしょうか。

・このテーマについて勉強したいから購入したい
・興味がある領域なので読んでみたい
・購入するメリットがありそうなので購入したい

こんな形で「購入する目的」がハッキリしていることが多くないですか?
このような状態で購入したモノは恐らくしっかり読み込むはずです。また、お金を払ったので、その分の対価を得たいという心理も働きますので、より真剣に読むようになるでしょう。

その結果が冒頭紹介したような「有料note購入者の方が質問の質が高い」という状態につながっているのではないかと思います。どうせ読んで貰うなら真剣に読んで欲しいし、その情報を活用して欲しいという気持ちは誰もが持っているはずです。

ここまでが私が勝手に想像する有料note販売する方々の気持ちです。
以下は実際私がなぜ有料noteを販売するかについて触れます。

私が有料noteを販売する理由

最後になぜ私が、無料でブログを公開した上で、投げ銭のような形で有料noteを販売するという変な方法をとっているかについて話します。実はいくつか理由があるのですが、今日はそのうちの1つを紹介します。

理由は単純で多くの方に読んでもらった上で収益化したいからです。

情報発信をするためには本当に多くの時間を要します。正直、無料でやっていると他から仕事の依頼を受けた時など、優先順位を落としてしまうこともあります。
また、私はずっと言っている通り最低50億円程度の資金を手に入れたいです。そのためには投資以外にも様々な方法でお金を稼ぎたいと思っております。noteは一冊100円ですが、数百冊購入いただくことができて、そのお金を投資にまわすことができれば、より多くの収益が望めます。

これが収益化したい理由です。

一方で、先ほど紹介したtweetでも記載があった通り、多くの方に稼いで欲しいですし、多くの方に投資に触れていただきたいと心から思っています。そのため基本的に全ての情報を無料で公開したいと考えています。その上で、発信した情報が役に立ったという方から対価としてお金を頂戴するというモデルにしました。

上記のような理由もあり、投げ銭的なモデルにしましたが、結果としてとても良かったと思います。

無料ブログを読んで中身を知っているのに料金をお支払いいただける。

これは当初想像していた以上に嬉しいことです。
有料noteのご購入をきっかけにDMやリプでやり取りを開始させていただいた方も大変多いです。本当に感謝しています。勿論、価値観は人それぞれですし、無料ブログを読んで御礼の言葉をいただく方にも心から感謝しています。

以上が私が有料noteを販売している理由です。

ちなみに私のnoteは下記より購入いただくことができます。
フォローや購入、サポートをいただけると泣いて喜びます。

https://note.com/kosu2020



賛否両論ありますが私は有料noteを含め、価値あるものに相応の値段を付けることは大賛成の立場でありますし、どんな内容であれ、どんな形であれ、価値ある情報を発信する方を応援しています。

以上です。
引き続きよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。